シニアの筋トレ(1)

シニアの筋トレ(1)上肢のトレーニング

シニアのみなさん、こんにちは。
空気も澄んで過ごしやすい季節となりました。
秋といえば、食べ物がおいしい季節!夏場に細りがちだった食欲を取り戻して、体力をつけましょう。

「体力」ってなんだろう?

ところで、「体力をつけて」とよく言われますが、体力ってなんでしょう?
「あの人は体力があるなぁ」
「年々体力がなくなって…」
などと、普段からよく使う言葉です。タフである、疲れにくい、なんていう意味で使うことが多いでしょうか。

身体の内容となる筋力,瞬発力,持久性,敏捷性,柔軟性,調整力などの容量を総称する用語。通常,積極的に発動する行動体力と,体格,内臓器官,抵抗力などを包含する防衛体力とに分けて考えられる。
(出典:ブリタニカ国際大百科事典 )

「筋力,瞬発力,持久性,敏捷性,柔軟性,調整力」をあわせて「体力」。

今回はその中の「筋力」を特集します。
家の中でもできる簡単筋トレ講座です。

家の中でお手軽筋トレ

筋トレは、アスリートや若い人のためのものではありません。
放っておくとどんどん筋力が落ちていくシニアこそ、筋トレが大切なのです。
「毎日筋トレやってるよ!」という方、さすがです!ぜひ続けてください。
「え〜筋トレ…わざわざしなくちゃダメ?」と思った方、ぜひムービーをご覧になって、やってみてください。

「シニアの筋トレ」プログラム担当の小川コーチに、シニアにおすすめの筋トレについて聞いてみました。
くわしくはムービーを観ていただくとして、
話をまとめると、
 ◯一箇所ではなく、体中の筋肉をバランスよく鍛えていくのが大切
 ◯ゆっくりと動かすのがポイント
 ◯無理をしないで、少しでも違和感を感じたら、やめる勇気を持つ

だそうです。

具体的な筋トレ方法は下のムービーで。
ダンベルがなくてもペットボトルがあればできますし、座ってでもできるところがいいですね。

「筋トレで大切なのは、ゆっくり正確に行うということです」
「そして、決して無理をしないで、少しでも違和感を感じたら、やめる勇気を持ちましょう」

次回は、「シニアの筋トレ(2)下肢(足腰)のトレーニング」を行います。
上肢と下肢の両方をバランスよく鍛えましょう。